お腹ダイエット 食事制限

甘いものなどの食べ過ぎで無駄な 脂肪がついてしまっていませんか? 気になるぽっこり・ぶよぶよお腹まわりを 落とすには食事制限が一番です。 お腹が痩せるには「腸活」も大切です。 糖質制限などのダイエットを成功させて ぽっこりお腹とさよならしましょう。

栄養バランス良く食事制限する方法 


スポンサーリンク

 

過度な食事制限は、ストレスがたまり、

リバウンドしやすい体質を作ることになります。

栄養バランス良く食事制限するなら、まずは
しっかり食べることが基本です。


栄養バランス良く食事制限する方法 


脂肪を燃やす食べ物 

大事なことはダイエットに必要な栄養を補って
身体を温め、胃腸を活発化させることです。

脂肪を燃やす栄養を摂ることが大切です。

体を冷やす食べ物には体を温めるもの一緒に
とるという食べ合わせ方がよいです。

脂肪を燃焼させるにはたんぱく質であるお肉
を摂ることが必要です。

赤色の肉には脂肪を燃やし、青魚は、体脂肪
が貯まりにくい身体にします。

レバニラ炒め、酢豚などは、ダイエットに向いて
いておすすめです。

このように脂肪を燃やす栄養を摂ることは、栄養
バランスがとれてダイエットにも良いです。

またお米も体を温める効果があります。

食事の量は、「腹八分」が理想です。

 

「栄養バランス」を考えながら、痩せる方法 


栄養バランスを考えながら、ダイエットすると
健康的に痩せることが可能です。


短期集中ダイエットはリバウンドするので
気をつけてください。
短期でなく期間を長くしてダイエットすることが
一番です。

適度な間隔で適度に食べると無理なくダイエット
出来ます。

朝も昼も普通の食事でいいのですが
夜は軽くするようにしてください。

あの話題のタニタの食堂の食事は大体500カロリー
です。
薄味で、ダシが効いておいしいと評判です。

忙しく食事を作るのが難しいときは、置き換えダイエット
のスープとかジュースでもいいです。


どんなに食事を気をつけて栄養を摂っていても動かない
と脂肪が燃焼しません。
筋肉がないと太ってしまうのでこまめに運動をしてください。

 

f:id:onakadietshoku7:20170804115836j:plain

 

一回の食事量を減らし、間食をとるほうが痩せやすい
といわれています。

一度に食事を取るよりこまめに摂った方がよさそう

ですね。

 

食事の回数を増やすと常に栄養が入ってくる体になり、
エネルギーが消費されます。

 

ドライフルーツは体によくおすすめです。
人工甘味料は体が消化できないものなので
食べないようにしましょう。
和菓子もオススメです。
あんこには栄養があり、カロリーが低くいです。


夕食を食べる良い時間帯 

夕食は早い時間に、軽く食べるというのが
いいです。
寝るまでに消化できないからです。
消化できやすい野菜はおすすめです。

野菜は温野菜でたっぷりとるのがおすすめです。
ドレッシングで油をとるよりも、おひたしで食べる
ほうが健康的です。

夜は炭水化物を摂らない方がいいです。

 

バランスの良い食事とは

 

炭水化物・タンパク質・脂質三大栄養素
ビタミンC・カルシウム・カロテンなどの

食品群からできるだけ数多くの食材を食べる

ことがいいです。


摂取を控えたほうが良い物は糖質(炭水化物)です。
炭水化物はエネルギーになりますがあまったものは
中性脂肪に変わるからです。

 

ご飯・パンなどの糖質(炭水化物)は脂肪として

蓄積されにくいですがジュースやお菓子の糖質

(炭水化物)は脂肪になりやすいので気をつけて

ください。

摂取した方が良いのはたんぱく質(肉・大豆など)

です。

筋肉量が落ちると脂肪燃焼しにくくなるので
たんぱく質を摂って運動することが大切です。

またビタミンB2も摂取してください。
ビタミンB2は脂肪や炭水化物をエネルギーに変える
酵素の働きを助ける大切な栄養素だといわれています。


ビタミンB2が含まれている食品は
モロヘイヤ・納豆・しそ・パセリ・インゲン豆
などです。