お腹ダイエット 食事制限

甘いものなどの食べ過ぎで無駄な 脂肪がついてしまっていませんか? 気になるぽっこり・ぶよぶよお腹まわりを 落とすには食事制限が一番です。 お腹が痩せるには「腸活」も大切です。 糖質制限などのダイエットを成功させて ぽっこりお腹とさよならしましょう。

隠れ肥満の原因は内臓脂肪?


スポンサーリンク

 

「体重」は変わらないのに「体型」が崩れ始めたり
していませんか?

もしかしたら」隠れ肥満かもしれませんね。

特にこの隠れ肥満は女性に多いようです。


隠れ肥満の原因は内臓脂肪?


女性は体脂肪が溜まりやすいんです。

それは女性ホルモンがかかわっているようです。

皮下脂肪があることで、お腹の子供を外的な衝撃
から守れるということから、脂肪がつきやすいのです。

 

隠れ肥満の原因は?

まずは食べ過ぎが考えられます。

食事の量は、年をとるにつれて摂らない方がいいと
思います。

若いころと変らずに食事を摂っている人は注意が
必要です。

それから全く運動をしないというのはエネルギーの消費
がないことになります。

毎日運動し続ける習慣をつけることは大事です。


また内臓の機能が低下していることも隠れ肥満の原因です。

肝臓」の機能が低下していると、エネルギーの変換がうまく

できません。

肝臓は「胆嚢」と関係します。

胆嚢の働きが悪いと、油が体内に留まってしまう原因

となります。

 

f:id:onakadietshoku7:20170818180231j:plain

 

 内臓脂肪型肥満の脂肪を燃焼させる方法

 

隠れ肥満の原因である内臓脂肪型肥満の脂肪を
燃焼させる究極の方法があります。


酢は体にいいですよね。

内臓脂肪を燃焼する作用もあり、積極的に摂取したい
一つです。

には、食後の血糖値の上昇を緩和させる作用もあります

食酢の酢酸は肥満気味の方の内臓脂肪を減少させます。

 

それから食物繊維を積極的に摂ることが大事です。
内臓脂肪減少に効果的です。


食物繊維は内臓脂肪を軽減します。

「食物繊維」を積極的に摂ることはとっても重要です。


運動は有酸素運動がやはりおすすめです。

脂肪を燃焼させる有酸素運動が内臓脂肪を減らします。