お腹ダイエット 食事制限

甘いものなどの食べ過ぎで無駄な 脂肪がついてしまっていませんか? 気になるぽっこり・ぶよぶよお腹まわりを 落とすには食事制限が一番です。 お腹が痩せるには「腸活」も大切です。 糖質制限などのダイエットを成功させて ぽっこりお腹とさよならしましょう。

腸内フローラと加齢


スポンサーリンク

 

腸内フローラは加齢とともにどのように
変化していくのでしょうか?


腸内フローラと加齢


腸内フローラについて  

人間の腸のなかには100兆以上の腸内細菌が
住んでいるといわれています。

腸壁に集まっているようすが、まるで花の
ように見えることから、腸内細菌は腸内フローラ
と呼ばれています。

腸内フローラは食べ物によっても変化
します。

そして、年齢によっても変化していきます。

腸内細菌の種類は人によって異なります。
また、腸内細菌は年齢とともに変化
します。

乳幼児はビフィズス菌がもっとも多く、
離乳後はその数を急激に減っていきます。

年齢によって細菌の傾向が明らかになりました。

 

f:id:onakadietshoku7:20170904160754j:plain

 


加齢で細菌が変化する理由


乳幼児期にビフィズス菌が圧倒的なのは、
ビフィズス菌が好むミルクがたくさん腸に
届けられているからなんです。

 

離乳後にビフィズス菌が減るのはミルクを飲む量
が減り、ビフィズス菌のエサが腸内で減ってしまう
からです。

 

赤ちゃんのおなかには、食物繊維を分解する機能を
持つ細菌がほとんどなくこの細菌は、離乳後、野菜
などをを食べるようになって、きまった数になって
いきます。

 

年齢により腸内フローラが変化していくのは、
腸内に届く食べ物が年齢とともに変わっていく
からなんです。


腸内環境がかわる時期

腸内環境がかわる時期は50代といわれています。

50代になると有害菌が優勢になる傾向があります。

 

ストレス、加齢による筋力や新陳代謝の低下など
により腸内環境の注意が必要です。

 

50代以降になると、腸内環境が悪化しやすくなり
有毒ガスを腸内で排出します。
それを体が吸収することで、さらに体の代謝
落ちるそうです。

 

加齢現象と腸内環境が悪くなるという悪循環が
でてきます。

 

加齢によって腸内で有害菌が多くなると免疫機能
が低下していき、体の抵抗力は弱まります。

 

腸内環境の悪化は、病気を招くので危険なので
腸内細菌は多く摂取して増やすことが大事です。

 

年齢とともに変化する腸内細菌ですので
それにあわせて補っていきたいですね。